水素水の他にも美容や健康に良いお水がたくさんある。

他の水との違い

他の水との違い

◆炭酸水じゃないよ!

アクリファイ
水素水サーバーが今注目されていますが、水素水はどのようなものなのでしょう。 学術的には水素豊富水といういい方をして、水がH2Oの中にH2が豊富に含まれているものを指します。 今は日本医科大、東北大、名古屋大、大阪大、筑波大、九州大、慶応大、北里大、順天堂大、京都府立医科大などで臨床、研究されています。 もちろん海外でもアメリカを始め中国、韓国、カナダなどで研究が進められています。 そしてこれらの研究によって水素分子が有用性が認められてきているのです。

炭酸水と間違える人がいますが、炭酸水とはどのように違うのでしょう。 水素水は水の中に水素分子がたくさん含まれています。 炭酸水は炭酸ガスがたくさん含まれている水のことを言います。 美容などでは炭酸水も効果があると言われています。 そして水素水も活性酸素を取りのぞくという大きな効果があり、健康だけでなく美容にももちろん効果が期待できるのです。 炭酸水の方は体内に二酸化炭素が入ることで、ある意味からだは酸素不足状態になります。 それを察知した体は毛細血管もすべて広げようとします。 それによって血行がとてもよくなっていきます。 もちろんこれも健康や美容に素晴しい効果を見せてくれますが、あくまでも血行を良くするということであり、水素水とはまったく理由は違ってくるのです。

おすすめサーバー

比べてみよう!

◆効果があるお水たち

炭酸水のほかに水素水と比べられるものとしてアルカリイオン水があります。 水素水は水素分子が豊富に水の中に含まれ活性酸素除去など20以上の疾患や症状に効能があると認められています。 それに比べてアルカリとはpH8~14がアルカリ性と言われています。 電極間を隔てた電気分解によって水酸化物イオンを含む水溶液のことです。 水酸化物イオンによってpH9~10のアルカリ性に変化した水のことをアルカリイオン水と言います。 アルカリイオン水というのは実は日本から発祥したものなのです。

特に日本人に多い胃腸の弱い人にはこのアルカリイオン水は良い影響を与えてくれます。 確かに日本人には好まれやすい水ですが、ある意味特に疾患や病気に何か大きな影響があるとは言えないということなのです。 他にも酸化還元水とも比べられることがあります。 水素水は酸化還元電位がマイナスのエネルギーを持っています。 そして酸化還元水も同じように電位がマイナスのエネルギーを持っています。 しかし酸化還元電位がマイナスだといっても活性酸素を除去することはできません。 いわゆる還元水という物が医学的に何か効果があるということは何も分っていないのが現実です。

研究の結果

◆つまり水素水は…

さて水素水についてよく間違えられることには酸素濃度が高いほど効果が高いということです。 中部大学の研究グループによって、水素を摂取すると水分中の60%が吸収されないで体の外に出されてしまうと分かっています。 つまりこの研究から水素濃度は1.0ppm以下なら水素濃度は高い方が効果がありますが、それ以上はどんなに高くても同じで余分なものは出てしまうということになります。 また水素分子は常温であれば不活性な物質なのでフッ素との化学反応を起こしますが、逆に言うと酸素との反応は起こしません。

水素分子は水に溶けにくいという性質があります。 サーバーなどは圧力やパブリングで水素分子を水に溶かし、スティックタイプでは容器をシェイクすることで圧力によって水に溶解されるようになります。 今は自宅に水素水サーバーなどを持っている人も多くなりましたが、お風呂に利用したりいろいろな利用法があります。

こんな記事も人気!

チェック さて、水素水の好転反応については簡単な説明であったと思いますが、いろいろな疾患や症状があり、それにともなっていろいろな好転反応があるということになります。 一言では言えないような、いろいろなかたちでの好転反応がでますが、水素水というものを怖がらずに安心して使い続けることで好転反応を不安に思うこともなく改善していくことができます。 そして好転反応は早いものであれば数日、ながくても1ヶ月程度でなくなっていくのが普通ですので、それだけ様子を見るゆとりを持つようにしましょう。 アトピー性皮膚炎の人の場合は、少しの期間ちょっと痒みがましたりすることがあります。 それは効果が発揮されてきたということで、改善の期待をしながら待っていましょう。

その後、正常になっていく感覚も必ず味わえるはずです。 もちろんそれもとても短期間の場合があります。 例えば水素水のお風呂に入ったりすると、上がった後痒みが出るということもあります。 皮膚からの吸収された水素水は直接皮膚細胞に入っていくので、すぐに感じることもありますが数分で戻ることがほとんどです。 このようにいろいろな好転反応が見えることもありますが、良い印ということになります。 症状によっていろいろな出方があると思いますが、どれもひどくつらさのものではないので、もうちょっとゆったり安心して見守るようにしてみましょう。

記事詳細